出会い

結婚相談所(けっこんそうだんじょ)は、結婚を希望する独身の男性・女性の会員に、結婚を前提とした出会いを提供し、出会いの際の日時調整から、お引合せ、交際から結婚に到るまでのフォローなども含めてサービスを提供する結婚情報サービスの会社をさす。従業員1~2名の個人業者から、会員数数千名の会社まで、大小の相談所が全国で数多く存在する。

入会資格は、独身で結婚を前提としたお付き合いを希望する人となっている。 男性の場合は、定年退職者を除いて、定職についているということが入会条件になっている会社が多い。他にも、職種や収入で入会を制限している会社も多い。 入会に当たっては、独身証明(戸籍抄本など)、卒業証明、在職証明などの本人確認の書類の提出を必要とする会社がほとんどである。

posted by sin at 09:32 | 日記

出会い

結婚情報サービスが独身男女の”出会い”そのものに重きを置いているのに対し、結婚相談所の大きな特徴は、”出会い”だけでなく、会員に”結婚”してもらうことに重きを置いている場合が多く、それゆえ成果報酬型(成婚料)を採用している会社が多い。最近では、お見合いやお付き合いもさまざまなニーズがあり、専属のカウンセラーがつき、結婚まできめ細かなアドバイスやフォローが受けられる結婚相談所に人気があつまりつつある。

posted by sin at 09:31 | 日記

であいを求めてでかけました

であいを求めてでかけました。

それから、どうなったか・・・
posted by sin at 06:19 | 日記

外へでるしかない

今の自分の状況を変えたいならば、

外へでるしかない。

家の中にいて何かを変えたいなんて

甘すぎる
posted by sin at 14:12 | 日記

deaikei

日本国内においては、インターネットの黎明期より早々に登場してはいたものの(立ち上がり始めたのは、1995年頃)、当時は「出会い系サイト」という名称は用いられず、元々存在する郵便などによるメールフレンドや「結婚紹介所」などの延長線という位置づけであった。

インターネット上での恋愛が大きく注目を集める原因となったのが、映画やテレビドラマなどのメディアでの「メールなどから始まる恋愛」であった。(映画『(ハル)』(1996年)、アメリカ映画『ユー・ガット・メール』(en:You've Got Mail)(1998年)やフジテレビドラマ『WITH LOVE』(1998年)など)これらのドラマや映画は一定の注目を集め、結果としてメールでの出会いから出会い専門のサイトへと成長していくきっかけとなった。

posted by sin at 04:11 | 日記

であいけい

出会い系は当初、パソコンからアクセスするタイプの無料の物が殆どであった。簡単なチャットと私書箱、掲示板のみがユーザに用意され、チャットなどで気に入った相手と仲を深める、といった流れで、主催者は広告料などで収入を得ていた。

しかし、1999年から、iモードなど携帯電話によるインターネットアクセスサービスが開始されて、携帯電話よりwebサイトが閲覧できるようになると、その手軽さも手伝い、それまでの何倍ものユーザが出会い系サイトに流入するようになった。当初は男性も女性も非常に多くアクセスをしていたが、近年では援助交際など様々な犯罪の温床になっているとして敬遠するユーザ(特に被害者になりやすい女性)が多くなり、それに伴い男性のユーザ数も減少した。
posted by sin at 04:33 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。